謙一郎の間【別館】つれづれ日記

海、雪山、バイク、車、サッカー、美味しい物と酒が大好きな私の、趣味の部屋です。
アロマテラピー検定1級
HONDA CBR1000RR(2004 Models)
Harley Davidson XLH883 Sportster(2000 Models)

JOCKEY

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6

ハーレー乗りというと、

・映画「イージー・ライダー」
・黒い服装
・革製品
・メッキパーツ
・・・

といったイメージがあるようで、
性能や実用性を重視の私の方向性は、

「ハーレーらしくない」
「ハーレーに合わないでしょ?」

と言われることもあります。

最近ではカフェレーサーというジャンルが再注目され、
走りに対する追及は理解される雰囲気は出てきましたが。

更に快適にキャンプツーリングができるスポスタを目指し、
独自路線で積載性アップを図ることにしました。


【トップケース】

GIVIのハードケース「E470」というのを使用していました。
カギもかかるし容量もあるし、実用性は申し分ありませんが、見た目が・・。

BMW GSとかでよく見かける、アルミのトップケースが、無骨な感じで好きです。
GS
※BMW R1200GS ADVENTURE続きを読む

JOCKEYのニーバー装着

スポーツスターでニーグリップしようとしると、右側はエアクリーナーが飛び出しているので左右の股の開き具合が違ってしまいます。
それを解消するために、ジョッキーのニーバーを装着しました。
IMG_5921-w500


↓このように左右対称になり、今まで感じていた違和感がなくなりました。
BlogPaint
金属に巻いてあるのは、合皮ではなく本革とのこと。
革製品として、たまにはミンクオイルとかでお手入れしてあげましょう


スポーツスターは、足首のホールド性でも、同じような問題を抱えています。
左足首はギヤボックス(かな?)の出っ張り部分で固定できますが、右足首は固定する場所がありません。
逆に固定しようとすると、パンツの裾がエキパイに触れて焦げます(汗)

それが解消されるヒールプレートも購入したかったのですが、在庫がありませんでした。
そもそも2003年以前のスポーツスター用のこの部品に対して、今更製造の発注をかけるのは店にとってもリスクが高いです。(ショップオリジナルパーツなので)
そんな理由で、今は発売していないパーツが結構あるみたいです。

ヒールプレートに関しても、ジョッキーのおやじさん迷っていました。
もし、発注したら購入したいと思います。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5

下記の装備で積載性アップ計画もほぼ完了したはずでした。

・タンクバッグ:DEGNER NB-15
・サドルバッグ(サイドバッグ):DEGNER NB-4F
・JOCKEYのおやじキャリア:GIVIのハードケース


しかし、
北海道ツーリングの荷造りをしている時に、デグナーのサドルバック「NB-4F」の裏側に損傷を発見!!
まだ、車載工具を入れて30kmくらい走っただけなのですが・・。

原因は、リアサスに干渉している箇所でした。
幸い穴はまだ貫通してませんでしたが、このままではそれも時間の問題です。

北海道ツーリングまで時間がないので、急遽対策を検討。
バイク側に対策を施すには時間もお金も足りないので、バッグ側を補強する方針に決定しました。


ホームセンターで30cm四方のゴムシートと、D型のゴム緩衝材を購入。
・30cm四方のゴムシート(両面テープ付き)×2=約1,000円
・D型のゴム緩衝材(両面テープ付き)×2=約1,600円

まず、家にあった食卓ランチョンマットをナイロンバンドでサドルバックの裏に固定。
そのランチョンマットにゴムシートとゴム緩衝材を貼り付けました。
IMG_5908-w500

対策後100kmほど走りましたが大丈夫でした。北海道ツーリングも乗り切れそうで一安心。
IMG_5914-v500

ただ、補強はしたものの、リアサスとの干渉が解消されたわけではないので、あまり重い物は入れないほうがよさげです。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3

先日取り付けたJOCKEYのおやじキャリアにGIVIのハードケースを取り付けます。

まず付属ベースの取り付け。
大きさ的には付属ベースとおやじキャリアの相性はバッチリでした。
しかし、タンデムシートを固定するネジを覆い隠してしまうので、シートを外してメンテをする時に面倒かもしれません。
BlogPaint



しっかりと固定できました。
GIVIのケースを取り付けるとこんな感じです。
サイドバッグと組み合わせると凄い積載量です。
BlogPaint



しかし、格好悪いです。ハーレー君ごめんなさい。
でもGIVIはやめられません。
IMG_5799-w500



これにて、積載性アップ計画も最終段階。

次は、地図・携帯(ez助手席ナビ)・iPhoneを確認しながら走れるタンクバッグです。

マグネットが主流ですが、吸盤式のもあるので悩み中。
安定性ならマグネットが安心ですが、吸盤式なら樹脂タンクのCBRにも使用できるかもしれません。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)JOCKEYのおやじさんからの情報

おやじキャリアを買いに行った時に、JOCKEYおやじさんがら頂戴した貴重な話を紹介します。

ハーレー乗りの間では当然に思うことも多々あるかもしれませんが、私の中では全てが新鮮でした。


まず、弟から譲り受けたバイクでなので、このバイクについて全然知識がないことを伝えました。
【私のバイク遍歴】
HONDA NSR250R-SP(1992年型)
KAWASAKI ZX-12R(2000年型)
HONDA CBR1000RR(2004年型)※現役
HONDA XR250(2006年型)

すると、快く883スポーツスターの魅力を語ってくれました。
ハーレーの中ではスポーツライディングが楽しめるモデルとのこと。
スーパースポーツやレーサーレプリカと比較すると、当然数字上の性能は見劣りしますが、操る楽しさが凄くあるとのこと。

しかし、2004年以降にモデルチェンジしてからは味付けが変わってしまい、魅力が半減してしまったとか。
(今は、VTR250にはまってるみたいでした)
現行モデルはタイヤの性能に頼ったセッティングになっていたり、直進安定性重視でコーナーでの軽快感を犠牲にしているとのこと。

幸い私のは2000年型なので、十分魅力を満喫できるはず。
このモデルを選択した雄基に感謝!!

ただ、ローダウン仕様なのでコーナーでマフラーが擦る可能性が。
これから沢山乗ってみて、もしそこで不満が出てきたら、ノーマルに戻すことも検討しようと思います。



883スポーツスターでスポーツライディングをする際の独特のコツも教えていただきました。

1、車載工具は常に携帯する
ハーレーの工具はインチなので、トラブルがあった場合に頼れるのは自分の工具のみ。
「自分では何もできないよっ」って人も必須。助けてくれる人(店)に「この工具でお願いします」ってできるので。

2、リアブレーキを使う
今まで乗ってきたバイクは、リアブレーキはバランス調整程度でしか使用しませんでしたが、
加重移動の重要性が高いこのバイクでは、コーナーの手前でリアブレーキをあててフロントフォークが伸びたところで、フロントブレーキをかけることが大切。

3、過度なエンジンブレーキは駄目
これは構造上の問題とのこと。(最悪壊れてしまう)
街乗りで普通に使う程度なら全然平気なのでしょうが、ワインディングでCBR乗ってるような感覚で、高い回転を維持するためにアクセル煽りながらのシフトダウン(ヒールアンドトゥ的な)はよくないみたいです。
また、アクセル全開もよくないみたいです。

話している時に、私の883の下にオイルが落ちているのを発見しました
おやじさんがシートを外して懐中電灯で確認してくれましたが、ブリーザーホースからでした。
エンジンブレーキのことを知らずに、結構多用したからかもしれません
よくみると、そこから吹いたオイルがリアタイヤにもかかっていました。
これも結構お約束みたいで、現行はブリーザーホースの取り回し方法が変更になっている模様です。
危険だから注意しないと。帰りの際は2・3を意識して走ろうと思いました。



私がイメージしていたハーレーは、大股開きでのけぞって乗るイメージでしたが、このショップの方向性は明らかにそれとは違います。
少数派とは思いますが、いきなりそんな考えを持ったショップ(っていうかJOCKEYのおやじさん)と出会えて幸運でした。

でも、スポーツライディングをするにあたり、気になるのがポジションです。
Sportsterパパさん(883)試乗インプレッションでも書きましたが、ニーグリップがしにくいし、足首のあたりもシックリこないからです。

ポジションについての話になると、「ここからはセールストークだと思って聞いてくれ」(笑)っと、また色々語ってくれました。

ニーグリップの問題は、左側にニーバー(勿論このショップのパーツです)を取り付けることにより、右側のエアクリーナーと同じバランスとなり解決します。

足首あたりのホールド感は、ヒールプレート(勿論このショップのパーツです)を装着することにより、改善できます。

更に、真上から見ると、ステップの位置が左右非対称なことがわかります!!
(マジっすか!?普通ありえないと思うのですが・・本当でした)
これを解消するパーツも絶賛発売中!!
(バランスといえば、このバイクは左側に重量が偏っているので、重い荷物は右側に積んだほうがいいらしいです)
BlogPaint
※写真は、後にJOCKEYニーバーを装着した時のものです


気付くと、店内に置いてある3台の883スポーツスターは、走りと機能性にこだわったそれらのパーツが装着されていました。
HPに載っている3台です)

マフラーは、サイレンサーはノーマルですが、エキパイが重量バランスを考慮した設計になっていて、オフロードレーサーのように跳ね上がる仕様です。
でも、今は販売できなくなってしまったみたいです。残念。

色々欲しいパーツがありますが、お金がないです。
お金を貯めて、まずはニーバーを購入しに来たいと思います。

883スポーツスターがますます魅力的に感じてきた一日でした。

今はカスタマイズする箇所を色々妄想中です。
10年前の古いタイヤも交換したい。
その時にホイール交換して、チューブレスを試してみたい。
ステップ周りも一新したい。

ますは、今の仕様でツーリングをしてみてからですね。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2

サイドバックにより積載性は大幅にアップしましたが、やはり一度GIVIのハードケースを経験すると離れられません。

2004年型以降のスポーツスターは、GIVIからモノロックシリーズ用の専用キャリアが発売されているけど、2000年型は駄目みたい。
そもそも、色々検索してみましたがキャリア自体が種類が少ないです。


ハーレー純正は価格が高すぎて断念。
タンデムシートが装着できないタイプもNG。タンデムシートも重要な積載スペースですから。


そこで見つけたのがJOCKEYというショップの「おやじキャリア」です。
価格が35,700円と高価ですが、他に選択の余地がないみたいなので購入決意!!
っと言っても、近所のバイクやで売っている代物ではないので、西荻窪のJOCKEYさんへ在庫を確認してから直接行きました。

五日市街道沿いで、タイヤ館の隣のわかり易い場所・・っと思いましたが通り過ぎました。目を凝らして探してください(笑)
気さくなおやじさんが出迎えてくれます。

取り付け工賃を伺ったところ、「俺の作業工賃は高いから自分でやるといいよ」っと場所と工具を貸してくれました。
これは貧乏人にはあり難い。(でも商売っ気ないな(笑))

取り付け作業を開始しましたが、フェンダーとタイヤの隙間が狭くて、ボルトが入りません(汗)
ローダウン仕様だからみたいです。

そのままでは無理なので、おやじさんがジャッキアップしてリアサスを外してくれて取り付け完了。
結局、ほとんど自分では作業できませんでした。
おやじさん、有難うございました。

IMG_5687-w500


ローダウン仕様なので取り付けに苦労しましたが、キャリアの精度は高かったです。
外見も、もっとかっこ悪くなると思いましたが、意外としっくりきて気に入っています。
キャリアのデザインですが、上から見るとHDに見える遊び心もあります。
GIVIのケースを積んで、ガンガン走りに行きたい気持ちになってきました。


JOCKEYのおやじさんは、スポーツスター素人の私に、色々魅力を語ってくれました。
その話はまた後日。

Sportsterパパさん(883)JOCKEYのおやじさんからの情報

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画

愛用しているGIVIのケースを装着したいところですが、2000年式XLH883に装着できるキャリアが中々見当たらない。

まずは定番のサイドバックを装着してみることに。
ハーレー純正は高くて無理なので、デグナーの「NB-4F」を購入。

デグナー:NB-4F ナイロンダブルサドルバッグ(ブラック/ファイヤー)デグナー:NB-4F ナイロンダブルサドルバッグ(ブラック/ファイヤー)
販売元:デグナー
クチコミを見る


見た目は皮っぽいけど、合成皮革だから防水性もよく値段もお手頃。
タンデムシートを外してセットしてみると・・写真のようにウィンカーに重なってしまいます。

IMG_5586-w500


仕方ないので、逆向きにセットしてみるとピッタリでした。
これなら大丈夫!!

でも、特徴的なファイヤーパターンが逆向きに(悲)

IMG_5588-w500


上からタンデムシートを被せようとしましたが、今度は厚みが邪魔してネジが固定できません。。

写真のように、タンデムシートの固定部分に細長いワッシャーを装着して、厚みをカバーしてみました。

IMG_5645-w500


いい感じです。

IMG_5646-w500


なんとか装着できました!!

IMG_5591-w500


これでツーリングへ行けます。
でも、やっぱりGIVIを装着したい。。

IMG_5592-w500


色々検索してみたら「おやじキャリア」でGIVIが装着可能になるらしい。
積載性アップ計画は続きます。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1
記事検索
謙一郎の間【本館】入り口
プロフィール

夜のセナ

Twitter

夜のセナのつぶやき
一気読み
「Twilog」(ついろぐ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ