謙一郎の間【別館】つれづれ日記

海、雪山、バイク、車、サッカー、美味しい物と酒が大好きな私の、趣味の部屋です。
アロマテラピー検定1級
HONDA CBR1000RR(2004 Models)
Harley Davidson XLH883 Sportster(2000 Models)

トップケース

GIVI(ジビ)TREKKER OUTBACK(トレッカーアウトバック)OBK58

スポーツスターにトップケース
GIVI(ジビ)TREKKER OUTBACK(トレッカーアウトバック)OBK58
を取り付けて使用してみました。

以前はGIVIのハードケース「E470」というのを使用していましたが
フルパニア化をするにあたり、トレッカーアウトバックに統一しました。
BlogPaint
「OBK58」と「E470」とを比較すると、約10リットル容量が増えているのですが、見た目はあまり変わりません。
IMG_6167
※Harley Davidson XLH883 Sportster ADVENTURE(スポーツスター アドベンチャー)化への道のりはこちら続きを読む

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6

ハーレー乗りというと、

・映画「イージー・ライダー」
・黒い服装
・革製品
・メッキパーツ
・・・

といったイメージがあるようで、
性能や実用性を重視の私の方向性は、

「ハーレーらしくない」
「ハーレーに合わないでしょ?」

と言われることもあります。

最近ではカフェレーサーというジャンルが再注目され、
走りに対する追及は理解される雰囲気は出てきましたが。

更に快適にキャンプツーリングができるスポスタを目指し、
独自路線で積載性アップを図ることにしました。


【トップケース】

GIVIのハードケース「E470」というのを使用していました。
カギもかかるし容量もあるし、実用性は申し分ありませんが、見た目が・・。

BMW GSとかでよく見かける、アルミのトップケースが、無骨な感じで好きです。
GS
※BMW R1200GS ADVENTURE続きを読む

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5

下記の装備で積載性アップ計画もほぼ完了したはずでした。

・タンクバッグ:DEGNER NB-15
・サドルバッグ(サイドバッグ):DEGNER NB-4F
・JOCKEYのおやじキャリア:GIVIのハードケース


しかし、
北海道ツーリングの荷造りをしている時に、デグナーのサドルバック「NB-4F」の裏側に損傷を発見!!
まだ、車載工具を入れて30kmくらい走っただけなのですが・・。

原因は、リアサスに干渉している箇所でした。
幸い穴はまだ貫通してませんでしたが、このままではそれも時間の問題です。

北海道ツーリングまで時間がないので、急遽対策を検討。
バイク側に対策を施すには時間もお金も足りないので、バッグ側を補強する方針に決定しました。


ホームセンターで30cm四方のゴムシートと、D型のゴム緩衝材を購入。
・30cm四方のゴムシート(両面テープ付き)×2=約1,000円
・D型のゴム緩衝材(両面テープ付き)×2=約1,600円

まず、家にあった食卓ランチョンマットをナイロンバンドでサドルバックの裏に固定。
そのランチョンマットにゴムシートとゴム緩衝材を貼り付けました。
IMG_5908-w500

対策後100kmほど走りましたが大丈夫でした。北海道ツーリングも乗り切れそうで一安心。
IMG_5914-v500

ただ、補強はしたものの、リアサスとの干渉が解消されたわけではないので、あまり重い物は入れないほうがよさげです。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4

地図・携帯(ez助手席ナビ)・iPhoneを確認しながら走れるタンクバッグを探しにナップスへ行きました。

取り付け部分はマグネットが主流ですが、最近では吸盤式が人気のようです。
吸盤は外れそうだし、寿命も短そうですが大丈夫なのでしょうか?

実際に883で試着してみましたが、凄い吸着力でマグネットよりも強力です。
寿命に関しては疑問ですが、壊れた場合はメーカーへ修理へ出すことも可能なようです。

吸盤なら、樹脂製タンクのCBRにも使用可能かもしれませんし、
マグネットが電子機器に悪影響を与える可能性もゼロではないので、吸盤に決定。


吸盤でも色々種類があります。
私が求める条件は
1.ツーリングマップルがピッタリ入る大きさ(大きすぎず小さすぎず)
2.バッグの上面が透明なポケットとなった構造で、そこに地図や携帯、iPhoneが入ること
3.スポーツスター883とCBR1000RRの両方で使用できること
の三本です。んっがっんっんっ・・byサザエさん


吸盤とマグネットの両方を使い分け可能なRSタイチの「RSB302」と、
価格が手頃なデグナーの「NB-15」とで悩みました。

試着の結果も互角。(どちらもスポーツスターのタンクにピッタリです)

タイチは、仮に吸盤の寿命がきても、別売りの吸盤を買って簡単に付け替えが可能です。質感もよいです。
デグナーは、バッグの上面の透明なポケット部分が深くて色々入りそうです。地図+携帯も可能。価格も安いです。

最終的にデグナー「NB-15」に決定しました!
IMG_5888-v500


これにて、Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画は一段落です。
IMG_5896-w500

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3

先日取り付けたJOCKEYのおやじキャリアにGIVIのハードケースを取り付けます。

まず付属ベースの取り付け。
大きさ的には付属ベースとおやじキャリアの相性はバッチリでした。
しかし、タンデムシートを固定するネジを覆い隠してしまうので、シートを外してメンテをする時に面倒かもしれません。
BlogPaint



しっかりと固定できました。
GIVIのケースを取り付けるとこんな感じです。
サイドバッグと組み合わせると凄い積載量です。
BlogPaint



しかし、格好悪いです。ハーレー君ごめんなさい。
でもGIVIはやめられません。
IMG_5799-w500



これにて、積載性アップ計画も最終段階。

次は、地図・携帯(ez助手席ナビ)・iPhoneを確認しながら走れるタンクバッグです。

マグネットが主流ですが、吸盤式のもあるので悩み中。
安定性ならマグネットが安心ですが、吸盤式なら樹脂タンクのCBRにも使用できるかもしれません。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2

サイドバックにより積載性は大幅にアップしましたが、やはり一度GIVIのハードケースを経験すると離れられません。

2004年型以降のスポーツスターは、GIVIからモノロックシリーズ用の専用キャリアが発売されているけど、2000年型は駄目みたい。
そもそも、色々検索してみましたがキャリア自体が種類が少ないです。


ハーレー純正は価格が高すぎて断念。
タンデムシートが装着できないタイプもNG。タンデムシートも重要な積載スペースですから。


そこで見つけたのがJOCKEYというショップの「おやじキャリア」です。
価格が35,700円と高価ですが、他に選択の余地がないみたいなので購入決意!!
っと言っても、近所のバイクやで売っている代物ではないので、西荻窪のJOCKEYさんへ在庫を確認してから直接行きました。

五日市街道沿いで、タイヤ館の隣のわかり易い場所・・っと思いましたが通り過ぎました。目を凝らして探してください(笑)
気さくなおやじさんが出迎えてくれます。

取り付け工賃を伺ったところ、「俺の作業工賃は高いから自分でやるといいよ」っと場所と工具を貸してくれました。
これは貧乏人にはあり難い。(でも商売っ気ないな(笑))

取り付け作業を開始しましたが、フェンダーとタイヤの隙間が狭くて、ボルトが入りません(汗)
ローダウン仕様だからみたいです。

そのままでは無理なので、おやじさんがジャッキアップしてリアサスを外してくれて取り付け完了。
結局、ほとんど自分では作業できませんでした。
おやじさん、有難うございました。

IMG_5687-w500


ローダウン仕様なので取り付けに苦労しましたが、キャリアの精度は高かったです。
外見も、もっとかっこ悪くなると思いましたが、意外としっくりきて気に入っています。
キャリアのデザインですが、上から見るとHDに見える遊び心もあります。
GIVIのケースを積んで、ガンガン走りに行きたい気持ちになってきました。


JOCKEYのおやじさんは、スポーツスター素人の私に、色々魅力を語ってくれました。
その話はまた後日。

Sportsterパパさん(883)JOCKEYのおやじさんからの情報

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画

愛用しているGIVIのケースを装着したいところですが、2000年式XLH883に装着できるキャリアが中々見当たらない。

まずは定番のサイドバックを装着してみることに。
ハーレー純正は高くて無理なので、デグナーの「NB-4F」を購入。

デグナー:NB-4F ナイロンダブルサドルバッグ(ブラック/ファイヤー)デグナー:NB-4F ナイロンダブルサドルバッグ(ブラック/ファイヤー)
販売元:デグナー
クチコミを見る


見た目は皮っぽいけど、合成皮革だから防水性もよく値段もお手頃。
タンデムシートを外してセットしてみると・・写真のようにウィンカーに重なってしまいます。

IMG_5586-w500


仕方ないので、逆向きにセットしてみるとピッタリでした。
これなら大丈夫!!

でも、特徴的なファイヤーパターンが逆向きに(悲)

IMG_5588-w500


上からタンデムシートを被せようとしましたが、今度は厚みが邪魔してネジが固定できません。。

写真のように、タンデムシートの固定部分に細長いワッシャーを装着して、厚みをカバーしてみました。

IMG_5645-w500


いい感じです。

IMG_5646-w500


なんとか装着できました!!

IMG_5591-w500


これでツーリングへ行けます。
でも、やっぱりGIVIを装着したい。。

IMG_5592-w500


色々検索してみたら「おやじキャリア」でGIVIが装着可能になるらしい。
積載性アップ計画は続きます。

Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その6
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その5
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その4
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その3
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その2
Sportsterパパさん(883)積載性アップ計画 その1
記事検索
謙一郎の間【本館】入り口
プロフィール

夜のセナ

Twitter

夜のセナのつぶやき
一気読み
「Twilog」(ついろぐ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ