謙一郎の間【別館】つれづれ日記

海、雪山、バイク、車、サッカー、美味しい物と酒が大好きな私の、趣味の部屋です。
アロマテラピー検定1級
HONDA CBR1000RR(2004 Models)
Harley Davidson XLH883 Sportster(2000 Models)

スリープトラッカー

スリープトラッカープロ 電池交換

スリープトラッカーPROですが、約2年間の使用で電池切れとなりました。

予想通り構造は超単純。裏ブタを10円で開けると中からCR2032が出てきました。

説明書には「自分で交換すると保障対象外」とありましたが、2年経過している時点で保障期間は終了しているので、自分でするべきですね。

ワールドカップで寝不足が続きますが、スリープトラッカーでスッキリ起床を目指します。

相棒5

最近は携帯電話を常に持ち歩くので、腕時計の重要性が減ってきましたが、
それでも一日の半分を共にする腕時計は、愛着もわき存在は大きいです。


一本は、月曜日から金曜日担当のROLEX「EXPLORER機廖
確か社会人3年目くらいで購入したから、10年以上の付き合いです。

上司(店長)や友達がロレックスをつけてるのをみて興味を持ち、当時はネットもなかったので本屋で立ち読みして調べました。

そして、現実的に購入できそうな範囲で欲しい候補にあがったのが、世界で初めてエベレスト登頂に成功した(と言われている)「エクスプローラー」と
海の男に愛される「サブマリーナ」の二つ。

当時休みの日は毎日波乗りへ行っていたので、サブマリーナにしようと心が傾きましたが、実際には波乗りでロレックスは勿体無くて使用できないのでは?というのと、キムタクがドラマでエクスプローラーをしていたのが決め手?でエクスプローラーを購入。

今はPCを打ち込む仕事なので平気ですが、当時はお店の什器とかで細かなキズが沢山付きました。でも大切な相棒です。
今度オーバーホールで研磨してキレイにしてもらう予定。
仕事で落ち込んだ時は、丈夫な相棒を眺めてパワーをもらいます!俺も冒険家のように強く生きなきゃ



土日祭日担当がCASIO「Baby-G FROGMAN」。
サーファーはFREESTYLEのSHARKでしょってイメージがあって、学生時代は愛用してたけど、波乗り中に浸水して壊れること2回。
防水時計ってこんなもんかな?って思ったけど、丈夫さに定評があるGショックにしてみようと思い購入。

Gショックは自分の手には存在感が強すぎるので、小さいベイビーGにした。
当時はスケルトンが流行だった。
BGW-103Kって書いてあるからネットで調べたところ、2002年のイルクジモデルみたい。(衝動買いだったから知らなかった・・)
ガンガン使用してるけど、今のところ全く問題なし。気に入ってます。


この前、電池交換サインが点滅してきた。
購入してから一度も交換してないから、8年も無交換で動き続けてることになる。

購入したマルイへ持ち込んだところ、部品がないため交換不可でメーカーから返却されてきた
どーやら、電池交換で外側のスケルトンの部品を外す必要があるのだが、外す際に経年劣化で割れたりする可能性があるから受付できないとのこと。
自分で外して再度依頼して、無事交換&防水テストをしてもらいました。
よかったよかった。
これからも活躍してもらいます。

ちなみにFROGMANの電池交換料金は4000円です。高いっ!!
でも愛着があるから苦になりません。
b1d0d4ba.jpg

そー言えば、腕時計といえばもう一本「スリープトラッカー」がありました。
(存在忘れてた・・
また使用を再開して、早起き生活を再開しようかな。

スリープトラッカープロ 愛用中4

11c41393.jpgスリープトラッカーPROを半月ほど使用してみての感想です。

まず、効果のほどは?使用初日から十分に実感できてました。
寝返りをうった瞬間にスリープトラッカーPROのバイブで起床。

仕組みは簡単で、万歩計のような加速度センサーが内蔵されていているみたい。
寝返り等で動いた瞬間を察知してアラームが鳴る仕組み。
つまり、「浅い眠り」⇒「深い眠り」⇒「浅い眠り」⇒・・のような波形を線で感知するのではなく、動いた時間を点で記憶していくみたい。

「動いている時=眠りが浅い時」という考え方に基づいた設計だ。


私の普段の設定は
◆アラームの設定:8時
◆アラーム・ウィンドウの設定:60分
である。
この設定だと7時から8時の間の動いた瞬間、または動かなかった場合は7時にバイブ+アラームが鳴る。

60分の間に一度は寝返りをうつみたいで、8時にアラームが鳴ったのは2週間使用して一度だけだった。

寝返りをうった瞬間はにアラームが鳴るとすぐ目覚めるし、普通の目覚まし時計のアラームで目覚める時の不快感がない。
個人差はあると思うけど、「動いている時=眠りが浅い時」という考え方は俺にはあっているみたい。

ってことで、スリープトラッカーPROは俺には凄い有効みたいです!



純粋に目覚まし時計としてだけの機能なら、「◆アラームの設定」と「◆アラーム・ウィンドウの設定」だけで十分なのだか、睡眠状況をPCへ取り込めるのも大きな特徴の一つ。
「◆入眠時間の設定」をするのはそのため。

「◆入眠時間の設定」=記録を開始する時間の設定である。

例えば、
◆入眠時間の設定:2時
と設定すると、2時からアラームが鳴るまで動いた時間を点で記録し続ける。
データをPCで取り込む際に、「お酒を飲んだか?」とか「運動したか?」とか「寝る前にカフェイン取得したか」みたいなデータも日記みたいに記録できるので、蓄積したら面白いかも。
それが添付したこの画像です。



今後もスリープトラッカーPROは愛用していくと思います。
ただ、改善の余地は相当あります。

まずは価格。
現在は競合する商品があまりないみたいなので仕方ないが、2万5千円は・・(汗)

PC取り込み用のアプリケーション。
PC用のアプリケーションも、バージョンアップしたものをHPとかで公開して欲しい!

スリープトラッカー本体。
液晶が20年くらい昔の時計かと思うほど粗い。電池も自分で交換できない。一年後に電池が切れたらどーすりゃいいの??
PCと接続するケーブルも、ミニUSBではなく洗濯バサミみたいなプラグ・・。何故?

これらの点を解消したやつをオムロンとかタニタとかから一万円以下で発売して欲しい!
体脂肪計とかとリンクするとさらにいいかも!!

スリープトラッカープロを早速設定!4

e909b711.jpgスリープトラッカープロのセット内容はデジタル腕時計、英語の説明書、日本語の説明書、PCへ接続するUSBケーブル、PCでデータを管理するソフトが入ったCD。

腕時計は、ドンキで千円で売ってそうな感じのやつで、とても2万円を超える時計には見えないけど、別に会社にしていくわけじゃなく寝る時だけだからね。
見た目は全然気にしません。

【手順1:時刻の設定】
これは普通の時計と同じですな。

【手順2:アラームの設定】
これも普通の時計と同じですな。とりあえず8時にセット。

【手順3:アラーム・ウィンドウの設定】
ここからが普通の時計と違うところ。0分から90分の間でセット可能。
0分とセットすると、設定した8時にアラームがなるが、仮に30分でセットすると7時30分から8時の間で一番眠りが浅くスッキリ起きれそうなタイミングでアラームが鳴る仕組み。
気持ちよく起きたいから60分でセット。もっとも早いタイミングだと7時に起きることになる計算。

【手順4:入眠時間の設定】
寝る予定時刻をセット。この時間を起点に睡眠データを記録してゆくみたい。
寝る時間が不規則な人には、ボタンを押した30分後に入眠時間がセットされるワンタッチ設定モードもあるのでこれは便利。
データはPCに取り込み可能。
ただし、腕時計に蓄積できる睡眠データは一件までだから、毎日PCへ転送する必要アリ。

随分大雑把なつくりなので、やっぱオムロンとかタニタとか日本のメーカーに作成して欲しい。。

とにかく、明日が朝が苦手な俺の人生の転換期となるかも!期待大!!
また使用した感想を書こうと思います。

日経ネットでも紹介しているので興味がある人はチェックしてみてください。

スリープトラッカープロが届きました!3

04511ade.jpg朝が苦手な私。
それを克服しようと目覚まし時計を沢山セットしたり、早く起きれるコツが書かれた本屋や雑誌を読んで研究したり。

しかし、結局朝は苦手なまま。

旅行に行った時は、皆と同じ時間に寝ているのに、朝起きれずに仲間に起こされ布団を剥ぎ取られる。
同じ時間に寝てるのに何故だ!!?
結局、朝強い人にはこの気持ちはわからないだろうね。


深夜のTV通販番組で「これであなたも目覚めスッキリ!」みたいな感じでこのスリープトラッカーを紹介していて存在を知る。
CMでは新聞配達員やお天気お姉さんがスッキリ目覚めて仕事へ向かう様を紹介していた。

スッキリ起きれる仕組みは、人間は寝ている時に「浅い眠り」⇒「深い眠り」⇒「浅い眠り」⇒・・っと繰り返しているらしいが、「浅い眠り」のタイミングを計ってアラームを鳴らしてくれるとのこと。

Webで詳しく調べると、Sleeptracker PROってのがよさげ。
でも価格が2万5千円!!並行輸入っぽい保障ないやつでも2万円。

目覚まし時計にこの金額を投入するのは非常に悩んだ。
Webでの口コミ情報も調べたけど、結局は効果は人それぞれだった。

でも、これで長年苦しんでいる朝に強くなるなら安いもんだ!ってことで購入したのでした。

記事検索
謙一郎の間【本館】入り口
プロフィール

夜のセナ

Twitter

夜のセナのつぶやき
一気読み
「Twilog」(ついろぐ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ