一昨日から風邪気味でした。

喉が痛いし身体もだるかったので早めに寝たのですが、翌朝は更に悪化していました。


実は一週間前から「カーボ・ローディング法」(グリコーゲンローディング法)なるものを実行していました。

肝臓や筋肉中のグリコーゲンをトレーニングで一度枯渇させてから再び蓄積すると、グリコーゲンの貯蓄量が増加するらしいです。

予定では、一週間前から炭水化物なしの食事に切り替えてグリコーゲンを枯渇させ、3日前から炭水化物(御飯やパスタ、パン等)をいつもよりも多く摂取する作戦です。

その炭水化物をほとんど取らずに、グリコーゲンを枯渇させる作戦中に風邪気味に。。
慣れない事をしては駄目ですね。


「そんな時はにんにく注射がいいらしいよ」との情報を受けて、仕事前に新橋トラストクリニックへ。

スポーツ選手が愛用しているとか、我那覇選手がJリーグの規定で出場停止になったり(あれは可哀想でした)とかで存在は知っていました。

実際にニンニクの成分を注射するわけではなくビタミンB1とのことです。
リボDを静脈に注射するようなイメージでしょうか?(笑)
打つと1時間ほどにんにくの様なにおいを発するらしいです。

医師に事情を説明すると、喉の痛みにはビタミンCが効果的とのこと。
ただビタミンCは点滴となるので、注射より少し時間がかります。(15分)
色々丁寧に説明いただきました。

時間は大丈夫だったので、にんにく+ビタミンCの点滴にしました。
価格は1050円ぽっきり。

期待したほど劇的な効果はありませんでしたが、結果的に風邪は回復しました。
「風邪をひきそうだな」とか「身体疲れててやばいな」って時は、即効性があるから有効かもしれません。


マッサージにも行き頭痛も回復。
体調不良も解消して、明日の本番をむかえることができそうです。

今日は昼と夜はパスタ。
「カーボ・ローディング法」も継続中です。