謙一郎の間【別館】つれづれ日記

海、雪山、バイク、車、サッカー、美味しい物と酒が大好きな私の、趣味の部屋です。
アロマテラピー検定1級
HONDA CBR1000RR(2004 Models)
Harley Davidson XLH883 Sportster(2000 Models)

食道楽

しゃぶしゃぶ ちりり

12月8日に会社仲間と
京都烏丸「CHIRIRI」(ちりり)東京汐留店
へ行きました。

何度か来た事があり美味しかったことは記憶しているのですが、何がどう美味しかったのか詳細を覚えていませんでした。。
そう、毎回酔っ払っていたからです。

今回は覚えていたので、忘れる前にブログへ記載します。
IMG_0413-v640

飲み放題付きで5,000円のコースでした。

めんつゆで食べるしゃぶしゃぶは最高。
肉を一人前追加が1000円ポッキリだったので勿論追加。

〆で食べる蕎麦もよいです。

中村農場の親子丼

RIMA忘年会の翌日は、Randyさんと親子丼ツーリングへ行きました。

忘年会翌日ということで、元々遅めの集合時間にしてもらったのですが、
起きた瞬間二日酔いだったので、更に一時間集合を遅らせてもらいました。
9時に海老名を出発。10時過ぎに談合坂で集合しました。

二日酔いでのCBRライディングは予想以上に大変でしたが、12時過ぎに山梨県の中村農場に到着。

タイミングよく並ばずに着席できました。
親子丼のセットを注文。
IMG_0409-w640

卵の色が凄い濃い黄色です。
IMG_0410-w640

二日酔いのためかピンボケなので詳細はRandyさんのページをご覧くださいw

半熟とろとろで薄味なので、卵かけご飯みたいな感じでした。
私は凄く好きです。

卵の味をしっかり感じたかったので、次回は親子丼ではなく卵丼にしてみようと思います。

2010年 RIMA忘年会

12月4日はサッカーチームの忘年会でした。

サッカーチームだから、当然11名以上集まるだろうと思いきや
4名でした(′∀`)
しかも、その内一名はライバルチームの方なのでRIMAは3名。
なんとか途中から1名増えましたが。

会場は去年と同じ海老名「獅子丸」です。
座席にはこんなんが用意されてました。
BlogPaint

ここでは美味しいもつ鍋(北海道で育った和牛らしいです)と一緒に「天青(湘南ビールで有名な茅ヶ崎の酒造の日本酒ブランドです)」が飲み放題です。

日本酒飲み放題なので酔ッパピーで、去年も今年も食事の写真は一枚も撮影できませんでした。
サッカーのユニフォームを着て肩組んで撮影した写真しかありません(笑)

人は酔うと同じ表情しますよね。
去年の写真と今年の写真の区別付かずw

忘年会シーズンしか来たことがないので知りませんでしたが、普段も結構予約とるの大変みたいです。

忘年会以外でも利用してみたいです。

伊豆 稲取温泉日記

いつものKBC地元メンバーで伊豆の稲取温泉へ行ってきました。
家族がどんどん増加中で、10名の大所帯でした(笑)

ランチはぐぐって一番最初に出てきた「海女の小屋」。
IMG_8217-w640

海女の小屋には「海上亭」と「与望亭」があり微妙にメニューも違うみたいですが、場所が手前だった「与望亭」へ入店。
IMG_8235-w640

ここでとれたウニを使用したウニ・イクラ丼を注文。
IMG_0388-v640

伊豆でウニってあまりピンときませんが、新鮮な海の幸はやはり美味しいです。
あまり調べずに入った店でしたが正解でした。
IMG_8226-w640



宿は「お口の故郷 やまだ荘」です。
じゃらんのクチコミでは4.3の高評価。

建物は昔建てられた鉄筋って感じ。
昨年(だっけかな?)行った「俺の家」もそうでしたが、伊豆の温泉宿は昔からある老舗が多いので、建物は相当ぼろいです。
それなのにクチコミで高評価ということは、それ以外が相当良いってことですよね。

確かに建物は古いものの、清潔に保っていて水回りも及第点です。
ウォッシュレットも装備されていて一安心w

夕食は部屋食。
こともが多くても、他のお客を気にせずゆったり食べれました。
IMG_0392-w640

オプションの伊勢海老もプリプリで美味しかったです。
IMG_0394-w640

伊勢海老のアタマは翌日の味噌汁で再登場しました。

温泉は一階の共同浴場に加えて、屋上の貸切露天もありました。
貸切露天での写真を掲載しようと思いましたが、修正が必要な状態だったので断念しました(笑)

最初、建物を見た時は星二つからのスタートでしたが、最終的には星四つに追い上げた感じです。


翌日はアニマルキングダムに寄ってから帰宅しました。

アニマルキングダムは、正直しょぼいだろうと期待してませんでしたが、中々よい動物園だと思います。
子供たちも大満足でした!(たぶん)

ホワイトタイガーも那須サファリパークみたいに黄色くなくて白でした。
IMG_8248-w640

しかも、間近にホワイトタイガーを見ながら食事できます。

大成功の今年の伊豆旅行でした。

一生に一度は屋久島(二泊三日の三日目)

◆◆11月13日(土)◆◆

屋久島もあっという間に最終日。
今日は午前中にもののけ姫の森とも呼ばれてる白谷雲水峡へ行き、午後帰路につく予定。

5時に起床しましたが、昨日の縄文杉の疲れが残っていてヒザに痛みが。。
ストレッチやマッサージをしつつどうするか迷いましたが、行けるとこまで行ってみることにしました。

7時過ぎに白谷広場に到着。縄文杉とは違い、この時間はガラガラでした。

苔ワールドな世界を歩きます。
空気がきれいで、今日もマイナスイオンを浴びまくりです。
IMG_8159-w640

登りではヒザの痛みもあまり感じません。
とりあえず最短コースでもののけの森を目指します。

8時30分、もののけの森的な場所に到着しました。
IMG_8095-w640

実は通り過ぎそうだったのですが、他のグループの人が「ここがもののけ姫の舞台の元になった場所らしいよ」って会話をしていたので^^;
IMG_8098-w640

気付いてよかった。
この先にもっと凄いポイントがあるかもと思い登り続けましたが、ここが最高潮でした。
IMG_8107-w640


少し登ると太鼓岩へ続く急な登りの入り口に達しました。
太鼓岩を見たいところですが、下りでヒザが心配です。

弁当を食べながら、行くのか行かないのか迷いました。
結論は「太鼓岩断念」!

時間的にはまだ余裕がありますが、もし下山の時間が大幅に遅れると、帰りの船の時間がやばくなります。

結果的にはこの判断が正解でした。
すぐにヒザが駄目になり、登りの倍以上の時間をかけて下山。
最後は前を向いて歩くことができずに、後ろ向きでの下山でした。



帰宅前にランチ。イタリアンの「Rush」です。
IMG_0374-w640

美味しい!!
時間に余裕が無かったので速攻食べましたが、もっとゆっくりしたかったです。
この店も「ことりっぷ」で紹介されていました。


お土産はスーパーで焼酎「三岳」を購入。
土産屋だと三岳が単独で売ってなくて、他の焼酎と抱合せ販売でした。
ってことでスーパーがお勧め。
でも、スーパーでもお一人様2本までとか制限があるので、一人旅の私は毎日通い続けましたw


最後は慌しかったですが、何とか船の時間に間に合いました。
14時45分発の高速船ロケットに乗り、17時25分に鹿児島到着。
そのまま天文館まで歩き「こむらさき」でラーメンを食べました。
IMG_0375-w640

実に充実した旅行でした。

ラーメンを食べた後、バス乗り場へ。
何と、鹿児島空港行きの最終便ギリギリ。冷や汗物です。。

最終バスの乗客は、私と運転手と空港関係者の3名だけでした。
運転手さんと会話しながら鹿児島空港へ到着。
22時過ぎに羽田に到着しました。

精神的に癒された旅でした。
でもカラダはボロボロですw

翌日はRIMAのサッカー(海老名市社会人リーグ)で更にカラダを酷使。
試合後は全身マッサージへ行き爆睡でした。


一生に一度は屋久島行くべきです!!
(※もうこりごりなんで二度目はないと思います)

一生に一度は屋久島(二泊三日の二日目)

◆◆11月12日(金)◆◆

今日はトトロに逢った後は、樹齢が不明なくらい大きな縄文杉を拝みに行きます。
朝4時に起床、お弁当を受け取り4時30分に宿を出発。
途中一般車両乗入れ禁止区間があるので、屋久杉自然館にクルマを駐車して、そこからバスで荒川登山口へ向かいます。5時発のバスに乗れました。

荒川登山口は、屋久島の観光客が全員集合しているのでは?と思うほどの賑わい。
10時間歩くのでアミノ酸を補充してから歩き始めました。
真っ暗なので、ヘッドライト必須です。
星がキレイ!!

ほとんどの登山者がガイド付きで、私のように単独は珍しかったです。
ガイドさんの解説をこっそり聞きながら進みます。
IMG_7582-w640


トロッコの線路を歩きます。
昔この先に集落があり、そこへの荷物を運んでいたようです。
(どこかのグループのガイドさん談)
何故そんな山奥に住んでいたのかまでは聞けませんでした。


「昔はここをトロッコが走っていたのかー」と思いを馳せていると後ろからトロッコが走ってきましたΣヾ( ̄0 ̄;ノ
IMG_7716-w640
今も現役のようです。

明るくなると素敵な風景が。
IMG_0345-w640

マイナスイオン垂れ流しです。
IMG_7712-w640

屋久島の美味しい水が汲めるポイントも沢山あるので、ペットボトルに補充しつつ進みます。
IMG_7638-w640

ウィルソン株まではトロッコ道が続くので、体力的には全然平気です。(8Km続くらしい)

トロッコ道が終わり、急な山道をしばらく行くとウィルソン株に到着。時間は9時頃でした。
BlogPaint

写真だとわかりにくいですが凄く大きな切り株で、人が何人も入れるくらい大きいです。
ここの中にトトロが居ます・・っが不在でしたorz
それともおやじには見えないのでしょうか??
IMG_7758-w640

ウィルソンという名の学者が雨宿りしようとこの穴に入ったら、天井がご覧のように穴がポッカリ・・ってことでウィルソン株と名づけられたみたいです。
IMG_7752-w640

写真の角度によっては、上記のように穴がハート型に見えます。
トトロには逢えずに残念ですが、まっくろくろすけが見れたので縄文杉を目指します。

結構疲れてきましたが、体力的にはまだ大丈夫。
心配していたヒザの痛みも今のところありません。順調です。

途中「これが縄文杉か!!」っと勘違いするほど大きな杉が沢山ありました。
やはりハードです。。


10時30分遂に到着!!感動です!!!
IMG_7810-w640

一応人が入っている写真をセレクトしたのですが、写真だと全然大きさが伝わりません。
IMG_7839-w640

別角度からも撮影しましたが、やはりこの感動を写真では伝えられません。
是非肉眼で見ることをお勧めします。

感動の後に食べるお弁当は最高でした。

さてと、下山です。
ヒザも少しづつ痛くなってきたので、可能な限りヒザを曲げないようにヒザ温存作戦実施。
作戦が功を奏し大丈夫そう。

余裕が出たので、途中は自然観察コースというルートを通りましたがこれが間違いでした。
ハードな山道だったので、ウィルソン株まで下山した頃にはヒザが完全にやられ、その影響で体力も激しく消費しました(><)

縄文杉到達で既に目的も達していたので心がポッキー的な感じでポッキリ折れました。
一人旅の弱さですね。

登りで追い越したグループに次々に追い抜かれ、かなりご年配の方々にも追い抜かれました。。

「体力の限界、気力も無くなり by 千代の富士」の状態で何とかトロッコ道まで下山。
ここからは平坦な道でヒザへの負担も少ないので、ゆっくりですが何とか帰れました。
その時の達成感は忘れません。

超感動でしたが、もう一度行くかと問われると・・。
まさに「一生に一度は屋久島」ですね。


屋久島は雨が多いと聞いていましたが、ラッキーなことに旅行期間中雨は降りませんでした。
雨が降ってたら完走できなかったと思います。


宿に戻ってからは、温泉でゆっくりくつろぎました。
この日も夕食も焼酎三種飲み比べを堪能。
IMG_7984-w640

この日の夕食は御膳ではなくバイキングでした。
土曜日は宿泊者が多く食堂の個室が足りないからかもしれませんが、一人旅の身としては昨日の様な御膳形式がよかったです。
でも、タイミングよく個室も確保できたのでよしとします。

宿の方も感じがよかったです。特に食堂の人達のサービスがGood!

明日は旅の最終日。
日記の続きはまた。

一生に一度は屋久島(二泊三日の一日目)

屋久島旅行期間は二泊三日。
その短期間にもののけ姫の森に行き、トトロにも逢わなければいけません。


◆◆予定◆◆

★1日目
羽田⇒(飛行機)⇒鹿児島⇒(高速船)⇒屋久島

★2日目
山歩き⇒トトロ探し⇒縄文杉⇒ヒザの痛みに耐えて下山

★3日目
山歩き⇒もののけの森⇒ヒザの痛みに耐えて下山⇒(高速船)⇒鹿児島⇒(飛行機)⇒羽田



◆◆11月11日(木)◆◆

6時50分羽田発の飛行機に乗り鹿児島空港に到着。
屋久島へ向かう高速船乗り場まではバスで1時間かかります。途中の天文館で下車して食事をすることにしました。

10時頃に天文館に到着。
バス停の横にクレープの自動販売機。
IMG_7398-w640

クレープの文字情報しかないのでイメージがわきません。
クレープの写真があれば売れると思うのですが・・


鹿児島で黒豚を堪能したいと思いましたが、店が全然開いてません。。
IMG_7410-w640

しろくまで有名なこの店もまだ開店前。
天文館の朝はゆっくりスタートのようです。
IMG_7409-w640

旅ガール的な旅行本「ことりっぷ」で店を検索。
ラーメンなら11時からオープンしている店があるので、公園のベンチで旅行の計画を妄想しながら待ちました。

写真で一番美味しそうだった鹿児島ラーメン「豚とろ」。
IMG_0325-w640

ホントとろけます。
餃子割引キャンペーン中だったので追加注文。
IMG_0327-w640

ワンタンみたいで面白い味でした。
「ことりっぷ」のグルメ情報中々よさそうです。
さすが昭文社!
そう言えば、ツーリングマップルも昭文社ですが、グルメ情報にハズレがありません。


豚とろでとろとろになったところで、高速船乗り場へ向かいます。
天文館から歩いて15分。

高速船ロケットで12時20分鹿児島発。
時速80キロくらいで巡航して屋久島到着は14時10分。高速船って凄いですね。

屋久島での移動はレンタカーです。
一人旅なので軽で十分。スズキレンタカーで2泊3日一万円弱。
すぐに宿に向かうのも勿体無いので軽く観光しました。

宮之浦港からクルマで15分の「志戸子ガジュマル公園」。
IMG_7485-w640

ガジュマルは何かよくわかってませんが、「観光したぞ!!」って気分になれたので宿に向かいました。
屋久島でお世話になる宿は「縄文の宿 まんてん」。
天然温泉の宿です!!
IMG_7526-w640

露天風呂が広い石風呂の他にも檜風呂がありよかったです。
しかも空いてゆったりできました。

温泉を満喫した後は独身貴族ディナー。
IMG_7541-w640

部屋食ではありませんが食堂が個室的な感じに区切られていて、お一人様旅行でもゆったりできます。
黒豚のしゃぶしゃぶ美味しいです。
IMG_7552-w640

焼酎の3種飲みくらべSETがお勧めです。屋久島以外では中々手に入らない幻の焼酎「三岳」も含まれてます。
やっぱり三岳が一番美味しい気がしますが、次第に酔ってきて味の違いがわからなくなりました。
IMG_0341-w640

デザートのパンプキン何ちゃら(完全に酔ってます)も最高。

夕食後は、もう一度温泉に入った後に速攻寝ました。
何しろ明日は4時半に縄文杉目指し出発ですから。

宿で朝食が食べれないのでお弁当に切り替えてくれました。
嬉しいサービスですね。

日記の続きは明日。

海老名の蕎麦屋「そばと膳 田川」

家族で蕎麦を食べに「そばと膳 田川」へ行きました。

冨士コカコーラ先のスリーエフ近くに、こんなお店ができていたとは気付きませんでした。
no title

メニューの設定が複雑だったので詳細を忘れてしまいましたが、蕎麦は2種類ありました。
つけ汁もオプションで「鴨汁」等が選べたので「鴨汁」にしました。
天ぷらはキスだったかな?

落ち着いた雰囲気で、また行ってみたいと思いました。

しかし、蕎麦屋の1人前って何処でも少ないですよね。
特に大食いではありませんが、私は2人前が適量です。

極盛2010「惜しまれつつ終了」

極盛2010も10月いっぱいで終了ということで、連日通いまくりました。

まずはベトナム料理「ベトナムフロッグ」の極盛ガパオ。
no title

タイ料理店「シーロムソイ9(Silom Soi9)」の特大ガパオ「メガガパオ」同様美味しいです。
比較すると、量ではシーロムソイ9のメガガパオに負けますが、野菜が多めでヘルシーな気がします。



次は焼肉です。
no title

シティーセンター41階にある、普段のディナータイムには入れない(資金的に)高級焼肉店「焼肉銘菜 星遊山」の極5種盛御膳。

豚トロ、タン、ハラミ、カルビ、ロースの5種でした。
no title

これは感動的です。

ライスやスープもセット(御膳)になっていて、お替りもできます。
no title

食後にはデザートとコーヒーも出てきます。
幸せなひと時です。
(この後に仕事が待っているとは思えない。。)


焼肉に感動したので後日また行きました。
no title

タンがホルモン(小腸)になっていて、飽きさせません。

もっと収入があれば、普通に夕食とかにこの店くればいいのだけれど。。
夢のまた夢ですね〜。
( ¨)遠い目


これで今年の極盛はおしまいです。
また来年!!

黒姫タイフーン

10月30・31日は、CBRで久々の一泊ツーリング予定でしたが、台風上陸の影響でドライブに変更。
雨で景色も期待薄なので、食べ物と温泉に注力することにしました。

目的地は、ピットさんお勧めの黒姫のペンション「竜の子」。
過去2回訪れて、CWニコルさんの遭遇率100%とのことですw



10月30日(土)

朝6時に出発。
台風が迫ってきていて、東名は大雨です。
ピットさんの家を経由して雨の関越を長野方面へ。

長野に入ると、雨は弱くなりました。
早めのランチと温泉の両方を満喫できそうな場所をツーリングマップルで検索。
長野県上田市真田町の「そばの花」へ。
一見、お店だとわかりません。
IMG_7137-w640

幹線道路に看板が出ていますが、それを見逃すと辿り着くのが難しいかもしれません。
でも、中を覗くと素敵な木の建物があります。
IMG_7145-w640

店内は清潔で木の香がしました。

「もりそば」の大盛りを注文。
IMG_7152-w640

ちょっと細めですが、適度に歯ごたえがあり美味しいです。
IMG_7151-w640

中々美味しかったので、気になっていた「揚げそばあんかけ」も追加注文。
ピットさんと私で二人前を注文しようとしましたが、店の人が結構ボリュームがあると助言してくれたので一人前を注文。
IMG_7156-w640

揚げることにより蕎麦の風味が増すのでしょうか?
これはありです。


お腹が満足した後は温泉です。
店の方に3箇所教えてもらったので、まずは小さいけど泉質が評判の「千古温泉」へ。
硫黄の香がする温泉でしたが、湯船と洗い場が小さく2人用といった感じでした。
先に2名入浴中だったので、狭くてゆっくりできませんでした。
そそくさと上がって次の温泉に向かいました。

次に入浴したのは「地蔵温泉 十福の湯」です。
こちらは施設自体が大規模なのですが、特に広い露天風呂が印象的でした。
泉質は、硫黄の香があまりしなかったので「千古温泉」とは随分違う感じでした。


ペンション「竜の子」に4時過ぎに到着。
IMG_7236-v640

温泉でスッキリした後なので、リビングで念願のビールを飲みながら夕食を待つことに。
IMG_7233-w640

ベランダからの景色も素敵でした。
これがCWニコルも惚れ込む自然です。
BlogPaint

森は生きているw

お待ちかねのディナーです。
一品目はホタテのココット。ココットが何だかわかりませんが、とにかく美味しかったです。

赤ワインがすすみます。
パンやサラダ、パスタを経てメインの骨付きラム肉です。
IMG_7257-w640

こんな美味しいジンギスカンを食べたことありません!!
ソースはデミグラスでした。

美味しすぎて赤ワインのボトルが速攻空いてしまったので、ピットさんの勧めでグラッパを飲みました。
グラッパも一つ目のボトルがなくなってしまったので、二本目にも手を付けました。
IMG_0309-v640

CWニコルさんは現れませんでしたが、他の宿泊者の方とも話が弾み素敵な夜でした。

翌朝の朝食も美味しかったし、部屋も水まわりもきれいだし、宿の中原さんは上品なオーラを放ちつつも気さくな方だし、ペンション「竜の子」絶対また利用したいです。



10月31日(日)

翌日は戸隠の「うずら家」で蕎麦を食べてから帰宅する予定です。
途中の道は雨でしたが、紅葉がキレイでした。
IMG_7326-w640

「うずら家」は2002年のスキー帰りに食べましたが、味よりも凄く並ぶ印象が強かったです。
今日は台風の翌日なので、あまり並ばずに済むのではと期待してましたが・・
IMG_7332-w640

相変わらず大混雑。
一時間くらいかかりそうなので、記帳してから神社を巡り時間をつぶしました。

店の中に入り、大盛りざるそばを注文。
ワサビをおろしながら待ちます。
IMG_7358-w640

そして待望の実食。
IMG_0312-w640

これだけ待ったのだから当然かもしれませんが美味しかったです。
IMG_7361-w640

大盛りは速攻なくなってしまいました。

待ってる間にすっかりカラダが冷えてしまいましたので、今度は温かいとろろかけそばを注文。
IMG_7365-w640

温まりましたし、お腹も大満足。

大盛りざるそば1000円、とろろかけそば1000円、お土産そば4人前1000円×2個、合計4000円でした。

食道楽旅行の締めくくりに相応しいそばでした。
記事検索
謙一郎の間【本館】入り口
プロフィール

夜のセナ

Twitter

夜のセナのつぶやき
一気読み
「Twilog」(ついろぐ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ