「ツーリングはいつも悪天候」というのが、近年のお約束となってきました。
一緒に行くRandyさんが雨男なのかな?

5年ぶりの北海道ツーリングは、初のソロです。
DSC05473
うに丼「樺太食堂」のツイートを事前チェック。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樺太食堂、今年度の営業は10月10日をもって終了の予定です。
この先はウニ漁も安定しなくなるので、御来店予定の方はなるべく早めの御来店をお願い致しますm(_ _)m
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふむふむ、時期的にぎりぎりセーフでした。
9月末の北海道ツーリングは経験していますが、10月は初めてです。

「日本最北端に行って、うに丼食べて

脳みその半分以上をうに丼が占有する中、仕事をしていると着信が。
台風18号の影響で、さんふらわあ しれとこ10月6日深夜便「大洗⇒苫小牧」の欠航連絡でした(´・_・`)

雨男は、Randyさんではなく私だったようです。。

10月7日の深夜便へ変更、それに伴い復路も一日後ろへスライドいただきました。


◆10月6日

会社の方々の協力で早退させていただき、余裕を持ってフェリーターミナルに到着。
BlogPaint

日程:2016/10/6〜12(7日間)
メンバー:1名
  夜のセナ(2000年式 Harley Davidson XLH883 Sportster)
ルート:苫小牧−士別−稚内−美幌−多和平−足寄−富良野−苫小牧
総走行距離:1743km
サッポロクラシックで乾杯が恒例でしたが、船内で売っていませんでした(´・_・`)
スリッパも有料になったりと、採算が厳しい事がうかがえます。
数年前からは、レストランの営業も無くなりましたし。
IMG_8446
料金の値上げもうなずけます。
2005年は往復で37700円だったのに、今は55400円。
((((;゚Д゚)))))))


走行距離:137km



◆10月7日

「さんふらわあ だいせつ」(乗船中)と「さんふらわあ しれとこ」とがすれ違う瞬間にたまたま遭遇しました。
DSC05209
フェリーでは、ソフトバンク圏外、入っても3Gです。
他のキャリアではどうでしょう?
DSC06006
20時、さんふらわあの曲が流れてくると、間も無く北海道上陸です♪( ´θ`)ノ
BlogPaint

明日、日本最北端の稚内を満喫できるよう、今夜のうちに高速を北上して士別市を目指します。
2006年のルートとほぼ同じですね。

Google先生が「北海道の10月は、関東でいう真冬の装備が必要」と脅すので、一応アンダーアーマーを着こみました。

北海道恐るべし((((;゚Д゚)))))))
アンダーアーマーだけでは寒く、ウルトラライトダウン投入!
身体の中心はこれで問題ありませんでしたが、足と手は普通の靴とグローブなので、かじかみました。

23時30分、士別市のつくも水郷公園キャンプ場に到着。
しかし、再整備工事で閉鎖中

代替プランとして、ツーリングマップルに載っている日向森林公園キャンプ場へ向かいましたが、
暗くて辿り着けたのかどうかもよくわからないまま、取り急ぎその辺のスペースにテントを設営して就寝。
IMG_8452
何故か自分の居場所だけピンポイントで雨が降っていました


走行距離:230km



◆10月8日

昨晩の士別市の寒さヤバかったです。
テント内はモンベルシュラフ♯3でも寒くて、アンダーアーマーとウルトラライトダウン着込んで、夏用シュラフも重ねたけど、寒くて何度も目が覚めました(>_<)

後から振り返ると、この旅行で士別市の夜が一番寒かったです。
これも数年前の北海道ツーリングと一緒。

今朝も寒いし雨も凄いので、セイコーマートで休憩。
IMG_8453


稚内の天気予報は、午前中は雨大丈夫なはずだけど、やはり自分の周辺だけ雨。。
IMG_8454
どんだけ雨男なのか。


お昼前に、オロロンラインに到着。
DSC05281

左に海、右に牧場、道は地平線の彼方まで一直線で、感動しまくりの予定でしたが、この天気だから仕方ありません。
IMG_8490
達成感を得られなかったため、今まで立ち寄ったことが無かった「幌延ビジターセンター」へ行き、サロベツ原野を歩いてみました。
DSC05297

北海道をツーリングしていると、沢山ライダーとすれ違い、その度にピースサインしたりするのですが、今回は一度も見かけません。
北海道のツーリングシーズンの終わりをギリギリ満喫といった感じです。

こちらもシーズン終了ギリギリの樺太食堂
IMG_8469
DSC05338
生うに三色丼!o(`ω´ )o
IMG_8470
ウニ+カニ+ホタテ+イクラ。
DSC05342
天気が悪くモヤモヤした気分は、一気に何処かへ行きました。

北海道最高!

IMG_8477
日本最北端の地でも、ツーリングを楽しんでいるのは自分だけでしたが、
「独占!!」って感じで贅沢です。
IMG_8487

暗くなる前に、クッチャロ湖湖畔キャンプ場に到着。
私を含めて2組だけでした。ここでも独占感!
DSC05390
前回は蚊に悩まされた記憶がありますが、蚊取り線香も焚きましたし、時期的に虫は少なめでした。

「はまとんべつ温泉ウイング」の泉質は、お肌スベスベ系で良かったです。
DSC05398
レストランも併設されていたので、お腹も満たせました。
キャンプ場からも、直行できる階段があり便利です。


走行距離:333km



◆10月9日

今回の北海道はずっと雨(´・_・`)

道東は晴れてるらしいので、午前中のうちにクッチャロ湖畔キャンプ場から200キロ以上走り美幌へ。
途中のGSに隣接する「おこっぺアイス」も開店前で断念。
DSC05429
DSC05427

ツーリングマップルに載ってたWONDER(ワンダー)でランチ。
美味しかったです。
DSC05501
IMG_8494

やっと雨から解放され、晴れ間が見えてきました!
ようやく北海道の景色を満喫。美幌峠は絶景でした。
DSC05526

宿泊予定地の多和平には温泉が無いので、摩周の町営温泉「泉の湯」へ。
熱すぎて、一人熱湯風呂祭り。記録は30秒で200円ポッキリ。
BlogPaint

16時に多和平到着♪( ´θ`)
このロケーションでキャンプとか幸せ。夜は天然プラネタリウムです。
IMG_8498
DSC05576
DSC05559
DSC05578
夕食はグリーンヒル多和
多和平サフォークというラム肉と、星空の黒牛というカルビ。地元のブランド肉だそうです。
IMG_8501
ワインと野菜と肉のみって、炭水化物抜きダイエットか(笑)
ビーフシチューも食べたいけと満腹で断念しました。

テントに戻り見上げると、
過去最強の天然プラネタリウムでした。季節的なものなのか?それとも月が隠れてるからか?


走行距離:316km



◆10月10日

日の出を見ようと思ったけど、寒くてシュラフの中から抜け出せず。。
暖かくなった8時から始動。
DSC05615
DSC05611
以前は給水ポイントに「摩周の美味しい水」的な表記があったのに無くなっていました。
DSC05625
何か大人の事情があったのでしょうか。
朝の美味しいコーヒーを飲むために、ペットボトルへ補給します。
IMG_8511
モーニングコーヒーを満喫し、さて出発と思いましたが、晴れているのは道東だけで、この先もまた雨っぽいのです。
このまま多和平でブランチすることにしました。

昨晩はバーベキューだったので、今朝はビーフシチューにしました♪( ´▽`)
DSC05633

ここで、この旅で初めてライダーと遭遇しました。
地元の方達のようで、「昨晩は寒かったでしょ?氷点下だったからね。」っとおっしゃっていました。
DSC05603
10月の北海道は確かに寒いですが、Google先生が言うほどキャンプ無理って感じではありませんでした。
シュラフがちゃんと気温に対応していれば大丈夫です。

結局、初日の士別市が一番寒く、
ウルトラライトダウンも、シュラフの二枚重ねもそれ以降は出番無しです。

あと、ウェアがゴアテックスとかで防水である事は重要です。
夏なら濡れてもいいやって感じですが、この時期は凍えることになります。
今回の経験も活かしたバイク用ウェアのレビュー「バイク専用の防水ウェアってどうなの?」はこちら。

っと言いつつ、北海道最後の宿泊は、暖かい宿でお酒を飲みたいので、上富良野の宿を予約しました。
旅ガール愛読の「ことりっぷ」に掲載されていたおしゃれ系山荘「カミホロ荘」です。

昨晩、予約で電話した際に「バイクで行きます」って伝えたら、
「今も雪が降ってます。お気を付けて。」とのこと。
まだこの時期に積もることは無いそうですが、びっくりです。

キャンプ場で知り合った人も「三国峠が雪で通行止め」と話していたし、天候に合わせて臨機応変にルートを決める必要がありそうです。


たっぷり多和平を満喫して、11時に上富良野へ向けて出発。
DSC05649
出発当初は快晴でしたが、足寄を過ぎたあたりから天気が悪化。
途中、雨から雪みたいな感じになり、相当ビビりながら走行しました。


夕方になり上富良野までくると着信が。
なんと、カミホロ荘までの道が積雪で通れなくなっているとのこと
残念ながらキャンセル。

急遽、近場で宿泊可能な温泉宿を探すものの、18時を過ぎていることもあり、中々空きがありません。
なんとか「フラヌイ温泉」に辿り着きました。
BlogPaint
源泉は31度とからり冷たいので、加熱した浴槽と交互に入るスタイルが新鮮でした。

宿も決まり、ホッとしたところで、今度は食事処を検索。
ことりっぷ掲載の「まるます」で焼肉。ツーリングマップルと同じ昭文社の情報は信頼性高い!
DSC05708
かみふらのポークが、甘くて美味しい!
エゾ鹿肩ロースのジビエも初体験。
DSC05705
DSC05706
IMG_8517


走行距離:318km



◆10月11日

天気に恵まれなかった今回の旅行。
雨天の中の走行で、バイクは相当汚れました。
BlogPaint
BlogPaint
サドルバッグのカバーはずっと付けっぱなしでした。
パニアケース装着したいという気持ちがとても強くなりました。
※Harley Davidson XLH883 Sportster ADVENTURE(スポーツスター アドベンチャー)化への道のりはこちら


さて、今日は苫小牧港へ戻るだけなので、のんびりです。
天気は相変わらず良くありませんが、まだ雨は降っていません。

はじめてのスポット、美瑛の「青い池」へ行ってみます。
何度も訪れている美瑛ですが、まったく知りませんでした。
Mac OS の壁紙に採用され、一気に有名になったようです。
IMG_8568
これは確かに美しいです!
摩周の「神の子池」みたいな感じですが、こちらの方が広いです。
DSC05812
DSC05813
川増に面していて、流れ込まないようにせき止めているようです。
時期的なこともあり、どこの観光地もガラガラでしたが、ここだけは唯一にぎわっていました。

ついでに、すぐ近くの「白ひげの滝」へも立ち寄り。
DSC05838
IMG_8541
昨晩宿泊予定だった「カミホロ荘」は、あの山の積雪の中です。
10月の北海道ツーリング、リスクが高いですね。


時間に相当余裕があるので、美瑛へ。
DSC05887
DSC05915
IMG_8544
IMG_8548
パッチワークの丘を軽く走って、お気に入りの「三愛の丘茶屋カーブ」へ。
DSC05978
やっぱりここのソフトクリームが最高です!
ミルクの濃い味というよりは、生クリーム系の風味が強い気がします。
IMG_8551
ちなみにここ、
Googleマップの表記が、カーブではなくカープになっています(笑)
お店の方にも伝えましたが、誰も修正方法わかりません。
Googleさん、どうすれば?


北海道ツーリング最後に目指す観光スポットは「風のガーデン」です。
ここも初めてです。
DSC05980
行ったら、既にクローズしてた。。
(´・_・`)
10月は16時までの短縮営業みたいです。

夕食たべて苫小牧へ向かうことに。
IMG_8555
富良野での夕食は、またことりっぷに頼り、「Cafe&Bistro Panier (カフェ アンド ビストロ パニエ)」へ。
たっぷり玉ねぎを3日間煮込んだ真っ黒なカレー。
カツカレーは凄いボリュームで、大満足でした。

21時30分に苫小牧港へ到着。
IMG_8558
往路の教訓を活かし、復路のフェリーでは事前にサッポロクラシックを購入して持ち込みました。
旅の無事に乾杯


走行距離:271km



◆10月12日

富良野から苫小牧へ向かう道は恐怖でした。

国道237号金山峠は、真っ暗だし他に車居ないし、土砂降りの雨だし、それがやがて雪へと変わるだろう?的な雰囲気でした。

雪になるほど気温は低くなかったとは思いますが、前日の上富良野での積雪の事実が頭の片隅にあるので、不安を抱えながらのライディングとなりました。

以前9月末にCBR1000RRで来た際は、
寒い夜もありましたが、雪を気にするようなことは全くありませんでした。

10月の北海道ツーリングは、寒さは対策すれば問題ありませんが、それに伴う積雪や凍結のリスクがあります。
それを気にしながら走るのは精神衛生上よくないですね。

良い経験となりました。
DSC06010
帰宅して、すぶ濡れだったキャンプ用品を干して、今回のツーリング終了です。
DSC06017


走行距離:138km



キャンプツーリング ブログランキングへ