CBR1000RR(SC57)も、2004年に購入してから10年以上が経過。
ずっとOEタイヤのままでしたが、昨年やっとタイヤ交換しました。

サーキット走行会とか峠が中心で、走行距離はそんなに伸びない見込みなので、ロングライフである必要はありません。
ハイエンド系のハイグリップタイヤを装着しよう!っと思いましたが、
街乗りや高速道路の走行が全く無いわけではありません。
雨天や低温時でグリップしないというのではちょっと怖い。

でも、タイヤの進歩は素晴らしいですね。
私みたいなユーザーのために、センターとサイドで異なるコンパウンドを採用したタイヤがあるようです。
固めのセンターで、耐摩耗性やウェット性能を確保しつつ、柔らかめのサイドでハイグリップを実現。

スピードスターにて「PIRELLI DIABLO ROSSO CORSA」を装着しました。
IMG_4986

走ってみるとすごく楽しくて、もっと早く交換するべきだったと感じました。
IMG_7856
(※トレッドのサイドとセンターとの間にうっすらと線がみえて、素材が分かれているのがわかります。)

ナップスのサーキット走行会(GSM)にて、BSのプロの方が、タイヤ空気圧に関してアドバイスをくれて、
ディアブロ ロッソコルサ:2.1
ディアブロ スーパーコルサ:1.9〜2.0
とのことでした。
(※BSの方、他メーカなのにすみません。しかも、見た瞬間に銘柄がわかって、お勧め空気圧がサラッと出てきて、さすがプロって感じでした。)
この空気圧がお勧めの理由は、カクカクシカジカと教えていただきましたが、私の知識では理解できず・・今は忘却の彼方。


タイヤが決まると、サスペンションセッティングもそれに合わせたくなります。

青木宣篤師匠に「最初は最弱からアプローチすると良いよ。」とアドバイスをいただき、今は最弱状態。
(※CBRなら最弱にセットしても、とても走れないといった状態にはならないのでOKだが、全ての車種が最弱からが良いという意味ではありません。)
最弱にすると、標準セッティングが結構ハードな設定だったことが実感できます。
様々な体重の人やタンデムも考慮しているかららしいです。

ここから少しづつセッティングして行こうと思います。

SC57の発売当初は、色々な雑誌で有名ライダーのお勧めセッティングとかが特集されていて、
Webで検索しても、それらの情報がすぐ引き当たったのですが、
久々にググってみると、中々検索に引き当たりません。。^^;

過去の雑誌のキャプチャや、それをエクセル等でまとめたものを探し出したりして、
備忘録としてここに記載します。


SC57は、
・プリロード(スプリングの強さ)
・伸び側減衰力(TEN、テンション、リバウンド)
・縮み側減衰力(COMP、コンプレッション)
の3つの要素をそれぞれフロント(FR)とリア(RR)で調整可能です。

まずは、基準(迷ったらここに戻る)となる標準セッティングです。
IMG_7953

※取扱説明書より

【標準セッティング】(デフォルト、スタンダード(STD))
◆FR
◇プリロード:最弱から7回転
◇TEN:最強から2回転
◇COMP:最強から2回転
◇空気圧(kgf/cm2):2.5
◆RR
◇プリロード:最弱から4段目
◇TEN:最強から2.5回転
◇COMP:最強から9クリック
◇空気圧(kgf/cm2):2.9

続きを読む