謙一郎の間【別館】つれづれ日記

海、雪山、バイク、車、サッカー、美味しい物と酒が大好きな私の、趣味の部屋です。
アロマテラピー検定1級
HONDA CBR1000RR(2004 Models)
Harley Davidson XLH883 Sportster(2000 Models)

2011年01月

東京マラソン2011への道 その3(Nike+ GPS)

「ファイトー!イッパーツ!!」
リポDを飲んでも、CMみたいには中々頑張れません。

サッカーやスキー等でカラダを動かすのは好きですが、ストイックに走ったり筋トレしたりするのは苦手です。

苦しさを紛らわすために、iPodで音楽を聴きながら走るのは有効です。


更に、NikeとAppleが提携した「Nike + iPod Sport Kit」というツールを使うと、走りながら距離やペースを教えてくれます。
こりゃいいと思い購入を検討しましたが、専用センサーを取り付けるのでシューズがNikeでなければなりません。(他のメーカでも、センサーを紐に取り付けるグッズが売っているみたいですが。)

東京マラソンが終われば使用しなくなってしまいそう。
購入するか迷っていると、iPhoneアプリ「Nike+ GPS」でほぼ同じことが可能と知りました。
シューズのセンサーのかわりにiPhone内蔵のGPSを利用する仕組みのようです。

「Nike+ GPS」のアップルストアのレビューは、「使えない」とか「距離が不正確」とかで散々な評価です。
でも、たった230円ポッキリなので試しに購入してみました。


以下、製品レビューです。



アプリ:Nike+ GPS Version 2.3
機種:iPhone4
OS:iOS4.2.1

開始する時に、
1.時間無制限
2.時間制限(目標)
3.距離制限(目標)
のいづれかを選択してスタート。

私はとりあえず距離制限のハーフマラソン(21.0975キロ)を選択しました。


iPod内の好きな曲を聴きながら走れます。

走りながらの音声フィードバックは、
1.一定距離ごと
(1kmを選択すると、「只今のペースは1km5分30秒です」のように教えてくれます。)
2.一定時間ごと
(これはまだ試していません。)

今まで2回使用して、1回目はちゃんと音声フィードバックしてくれたのですが、2回目はしてくれませんでした。何故でしょう。。
でも、音声フィードバックがなくても画面で確認は可能です。

皇居を丁度一周したところで「5km地点到達です」のアナウンス。
皇居一周5kmは定説なので、GPSの精度は十分満足できるレベルです。


疲れてきたら、パワーソングを聴いてパワー復活!!
頑張れる曲を予め登録し、いざという時に画面の「パワーソング」ボタンをポチッとな。
華原朋美が流れ始めます。

なぜ華原朋美なのか疑問ですよね。
確かに多くの一流ランナーは太陽とシスコムーンをセレクトしているかもしれません。でも、私はつんく♂ではなく小室派です。


パワーソングの効果も無く、14km過ぎでランニングを終了しました。
IMG_0438

GPSでコースも確認できます。
IMG_0439

twitterやFacebookとも連動可能なので、私はtwitter連動にしてみました。
「まさか1kmごとの音声フィードバックの内容を毎回つぶやいてるのでは?」と心配しましたが、走り終わった後に1回つぶやくだけでした。一安心です。
↓自動投稿内容はこんな感じ↓
「thunder_74 夜のセナ
Nike+ GPSをつけて、14.2 kmを1:30:08で今走り終えました。
#nikeplus」

走り終わると安田美沙子ちゃんが声を掛けてくれるとのこと。
頑張った甲斐があります。
楽しみに待っていると、聞こえてきたのは図太い関西弁。
元プロ野球選手の番長こと清原和博氏さんでした。。

清原さん同様、ヒザに限界を感じたので帰宅しました。


帰宅して「Nike+」のWEBサイトを見ると、今日走った内容が自動連携されていました。
Nike+-w640


東京マラソンの練習パートナーとして活躍してくれそうなアプリです。
懸念点は2点。

1.雨の時の浸水
ジップロックすれば平気でしょうか?

2.電池の持ち
バッテリー80%の状態でスタートして、1時間30分後には55%でした。
フルマラソンだと途中充電が必要かも。
iPhoneで写真撮影しながら走る予定ですし、エネループ持参することにします。

東京マラソン2011への道 その2(初練習)

1月7日、
東京マラソン完走へ向けての最初のトレーニングを行いました。

目的は、「今の自分の実力を知る」です。

・どのくらいの距離を走れるのか?
・服装や装備はどうする?
等々、まずは実際に走って経験してみないとわかりません。


【練習場所】
場所は皇居。
一周が丁度5kmなので、距離とタイムが計測し易いからです。

麹町駅5番出口から徒歩0分の場所に「ランステ」があり、700円でロッカーやシャワーが使用できます。
ラウンジのテーブルにはランニングに関する雑誌が色々置いてあるので、普段ランニングと縁遠い私には非常に勉強になりました。
雑誌を読むと「皇居の周り走ると、安田美沙子みたいな娘が沢山走ってるんぢゃね?」っと思えて、モチベーションも上がります。


【服装】
色々ブログとかを徘徊して研究しましたが、人により様々でした。
ありあわせで間に合わせて、必要に応じて購入を検討しようと思います。

上から84-59・・っではなく
頭:坊主に欠かせないニット帽(綿のにしました)
上半身:ヒートテック長袖の上にサッカーのユニフォーム
下半身:デューク更家やイチローも愛用のCW-X
(普段はデューク更家のモノマネや、スキーのコブコブで使用)
05-03-26_16-59

手:軍手
足:アシックス「GT-2150 NEW YORK」+ユニクロ5本指ソックス
鞄:大学の通学でも使用してた大きなウエストバッグ(ペットボトルや携帯を入れます)


練習開始。
とりあえずハーフマラソンの距離を目指します!
タイムと距離の計測はiPhoneアプリの「Nike+ GPS」を使用。(このアプリのレポートについては別の機会で)

5分/km前後のペースで走っていたのですが、8km地点でヒザに違和感が。それ以降は、走って歩いてを繰り返して14kmで限界点に達しました。


【感想】
5分/km前後のペースより遅くなると、上記の服装では寒く、手もかじかみます。

呼吸器官よりも先に、ヒザや筋力が限界に達します。ヒザや筋力をいかに温存して距離を延ばすかがポイントでしょうか?

登山用の大きなウエストバッグは厳しいです。。
速攻ランニング用購入を決意しました。
IMG_0433-v640

麹町からの皇居周回のスタート地点にワコールのビルがあり、1階にアンテナショップ的な店舗があります。
ワコールと言えば、私が愛用するCW-Xの会社。
バッグもここのブランドで揃えるのも悪くないと思い、ランニングの後そのまま入店。

店内にはイチローの直筆サインが誇らしげ?に飾ってあります。
店員の方もCW-Xで武装してますが、私のとは随分デザインが違います。
どうやら、私のは相当古いモデルのようです。

店員さんに「このバッグだと大きいので、走るのに丁度いいのありますか?」と尋ねると、私のウエストバッグの大きさに驚きつつも丁度よさげなウエストポーチをいくつか紹介してくれました。

大きさで悩みましたが、東京マラソン当日は財布・携帯・iPhone・使い捨てポンチョと色々入れることを想定。ラインナップの中で一番大きな「HYO089」を購入しました。

インターネットだと割引で手に入ることは知っていましたが、店員さんが「男らしい人が好き♪」という目をしていたので、定価で購入して男らしさをアピール。
IMG_8315-w640

構造的にペットボトルが落ちそうだなと心配していたのですが、
「キャップの部分をゴムで固定できるので、意外と落ちないものですよ。」とのこと。
(参考のペットボトルは、多くのスポーツマンに愛飲されている屋久島産幻の焼酎「三岳」360ml詰です。)
IMG_8318-w640

更に、ポケットの内側には紛失防止用のストラップも内蔵する等、色々考えてあります。
IMG_8319-w640

これにはあのマ・クベも「これはいい物だ」と絶賛するに違いありません。

東京マラソン2011への道 その1(エントリー編)

2011年2月27日開催の東京マラソンに出場します!!

浅草や銀座の道路のど真ん中を、堂々と走れる機会なんて中々ありません。


会社仲間に誘われ申し込んだ、2007年の第一回東京マラソン。
しかし、一緒に応募した仲間のほとんどがハズレ。
「ならいーや」っと正式エントリーはしませんでした。

後日ニュース番組で大々的に東京マラソンの模様が報じられ、「エントリーすりゃよかった・・」と後悔しました。


それから数年。
私もアラフォーと呼ばれる世代になり、仕事でも趣味でも体力の衰えを強く感じる日々。
「まだ、なんちゃぁ成し遂げちょらんがですっ!!」って感じで竜馬伝に強く影響され(?)申し込んだ結果、当選しました。

いざ当選すると、エントリーすべきか悩みました。
でも、倍率が10倍近くあり、出場したくても中々できない人も多いとのこと。
そんな大会に2回応募して2回とも当選。これも何かの縁と思い覚悟を決め諭吉1枚を支払いました。


サッカーやスキー等でカラダを動かすのは好きですが、ストイックにただ走ったり筋トレしたりするのは苦手です。
そんな私が42.195kmを走りきることができるのか?
今後、その挑戦の道程を記載してゆこうと思います。

ちなみに、人生で走った最長距離は「富里スイカロードレース」の10kmです。
記事検索
謙一郎の間【本館】入り口
プロフィール

夜のセナ

Twitter

夜のセナのつぶやき
一気読み
「Twilog」(ついろぐ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ